悉く自己中

こちらのブログでは、皆さんからのコメント・ご意見・苦情・批判・罵詈雑言などを募集しています。

数が好きで恐くて

大きい数が好きで恐ろしいです。

 

昔から数字がどんどん大きくなっていくとワクワクしてしまうんです、それが何を意味するかは関係なく。

得体の知れない、決して全容を把握できない存在への好奇心。学校で億を超えていく単位を習った時の興奮はたまらんものがありました。

 

それも全て、数字が増えること、数がでかいことを魅力的に感じるマイナスの情操教育されすぎたせいです。

算数をまともに習う前からlv.100が最強という世界でふしぎのアメを崇めたり何千という攻撃力でダイレクトアタックし合ったり宇宙人の53万に震え上がったりとそういう教育を受けているから。そしてそれらが桁すっ飛ばして上がり続け今や兆を超す、という超ジャンプ的インフレを浴びてきたから。

ハンバーグ師匠みたいな人が書く小説だって取り扱う金額が町工場から国家事業へと雪だるま式にデカくなって行く。

1より百、百より万、万より兆、兆より無量大数

こう考えてみると自分だけじゃなくデカイ数字は皆が好きなのかもしれない。

 

ともかく、デカイ数字はただそれだけで魅力的に見えてしまう。

 

問題なのはこの数字への好意は時と場所なんて考えてくれなかったこと。

 

この好奇心が恐ろしい物だと知ったのは震災の時でした。

毎日のように街が抗いようのない力に飲みこまれる様子がテレビに映っていた時。

何千何万と増え続ける死者行方不明者の数を見てもっと上がれ、とワクワクしている気持ちが自分の中にある事に気づきました、ショックでした。

正直、うちの地域は大きな揺れこそありましたが水槽の水が溢れる程度しか被害と呼べる事は無かったので震災をそこまで自分事に考えることができていませんでした。でも大変な事は分かっているつもりでした。いっぱいの人が死んでいっぱいの人が苦しんでる、と。

 

なのに、なのに自分はそんな大変な目にあっている人の数が増えて喜んでしまっている。

とりあえずこの時は震災関連ニュースをできるだけ無視しました。

自分がサイコパスみたいに思えてくるのが怖くて。

 

それからはしばらくこの怖さを忘れていたのですが、最近のコロナ感染者数で思い出しました。

何百、という数字に物足りなさを感じている所が頭の何処かにあります。

 

別に人が困ったり苦しむ事自体を喜んでいる訳じゃないから問題ない、数字は数字、と無理矢理捉えてもダレニモ迷惑はかからないんですがこの不謹慎さ非情さ、それと"所詮安全圏の人間感"がとても悪に思えてなりません。

 

でもこのワクワクは俺のモンだ、とも思います。

捨てちゃならないと思います。

抱えてしっかり変な方向へ行かないよう監視して、言う時と場所を間違えないようにするしかない

「急に寒くなりましたねぇ」

今月に入って既に4、5回、何十年いや何百年と繰り返されてきたであろう

「急に寒くなった」

という話を犬の散歩ですれ違う名前も家も分からない、顔もよく覚えてない、むしろ犬で判別している、けどよく会う人達、としました。

 

昔、ありきたりな事をやたらと嫌悪していた時期には、天気の話なんて絶対有り得ない!と思っていました。

そんな無味無臭の話をした日には自分のオリジナリティ的な何かが死ぬ、みたいな。

 

じゃあどうするんだ、と。

殆ど共通点もなく情報もないのにしょっちゅう会う人達とほんの束の間にどんな会話をしろと言うんですか。

犬連れおばあちゃんと「ちょっとそこまで生討論」でもしろってんですか、そんな無茶な。誰もそこにエネルギー使いたないよ。

代案もないのに文句ばっか言うんじゃない。

 

 

そもそも挨拶した後のちょっとした間に記憶に残る会話なんて誰も求めちゃいない。犬同士が挨拶済ませるまでの数分もしくは数十秒を誰も損しないように気まずくならないようにちょっとだけ喋るんだ。

ここに政治もコロナも地神利夫もいらない。

 

そんな時の話題として天気を超えるものは無い。誰にだって共通の話題ですからね基本。ヒッキー百万人を除いたほぼ全人類に関わって来ますからね。ヒッキーだって天気くらい気にしますよ、たまには、ほら低気圧で体調崩したりはしますから。それに毎日変わるから終わりが無い。

そう、終わりが…ない…この時はそう信じていたんだ…

 

良い子にしかなれなかったんだ

良い子を目指した理由がずっとわかりませんでした。

周りに良い人と思われたい、という欲の一種じゃないか、でも何か違う気がする。

でも今日ようやく気づけました。

残念ながら理由は自分にありませんでした。

単純。反射にも近い。

単に、怒られたくないから、でした。

 

叱られた時の全否定による絶望感、単純に怒鳴られたり殴られたりする恐怖、その後のきまづさに耐えられないと判断して先回りして良い子を目指した、というのが本当の理由でした。

 

ある種の生存戦略

なんでそんな優等生なんて狭い世界の中でしか生きられないモンに飛びついたのかとずっと自分を訝しんでいましたが分かってみれば仕方のないことでした。どうしようもないしむしろ頑張った方でしょう。

幼少の自分を責める理由が消え去ってスッキリもしました。欲が深くて醜い、周りによく思われたいばかりに心を剥き出しにできない、と自己否定し続けていたので。

 

それに、自分の事をなんとなく器用な方だと、優等生を続けられなくなるまでの自分は器用貧乏な方だったと思っていたんですがとびきり不器用で安心しました。巧みに優等生演じてた訳じゃなかったんですね、それしかできなかった、そうせざるを得なかった。

 

「俺はこういう生き方しかできねぇから。」

いつか言ってみたいけど自分とは程遠いと思っていた台詞が手元に来て非常に満足しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに貰った快楽が 僕の幸せとは限らないぜ

何年も追っかけていたシリーズが完結した時、録画して擦り切れる程繰り返し見ていた番組が唐突にBPOされた時、アレが連載期間より休載してる時、

いつもほっぽり出された気分になりました。 

終わりを迎えられた嬉しさや行く宛のない怒りそして諦めとともに寂しさがやってきます。

いつまでも続いてほしいなんて残酷な事を考えているわけではありません。永遠と引き換えに毒を抜かれた青たぬきやケツ目少年を目の当たりにしておいてそんなことは言えるはずがない。

今までずっとどっぷり浸かってたはずだったのに手元にあったはずなのに急に違う世界だとつきつけられ線を引かれ取り上げられ蹴飛ばされる、それがただ寂しいのです。お前はそっち俺たちはこっち。

 

実際は最初っから入り込めてなどいないことなどわかっています、遠くから眺めて浸かっている自分を想像しているだけ。

結局は全て他人様の世界だから。

 

 

 

時たま復活するものもあります。大の大人のオムツ替えをテレビで披露して消されたざっくりハイタッチがyoutubeにて再起しました。

もちろん嬉しいし楽しい、なのにそれは寂しさを埋めてはくれません。

手の届かないもどかしさを再確認してより寂しくなりました。

 

 

この寂しさを消し去る方法はずっと前から知っています。

自分で作るしかない。

自分のが必要なんです。

でもどうしたらいいかわからない、ピーチ姫を助けた時からずっとそんな状態です。

寂しさや悔しさに耐えかねて作るのか諦めて終えるのか、でももう限界かもしれません。

睡眠不足の連鎖からの脱出

睡眠不足の連鎖から脱出する為に5日ほど捧げてしまいました。

 

この5日を無駄とは言いたくありません。無駄って言葉を使うと際限がなくなってしまうので。

 

ただそれにしても何もできない5日でした。

無理に生活サイクルを戻そうとしなければこんなことにはならなかったのはわかっています。昼過ぎに起きて朝方寝てを正規のサイクルにしてしまえばいい。実際そうしたところで周りに迷惑はかからないので。

でも多少時間を捧げても取り戻したい程度には午前中が好きなんです。午前中にやるべき事を全て済ませてなんの心残りも無くダラダラする午後が好きなんです。それに夜型を続けた結果待っている地獄に戻りたくはないので。

 

だから夜中まで寝れなかった時そのままオールしてちゃんと夜に寝るという今まで何度となく繰りした脱出法に挑みました。

 

これによって一日という時間はただ過ぎるのを待つものになります。時間は進んでも人間としての成長は完全に停止。

早く時間よ過ぎてくれとあれこれに工夫して耐える、学校を思い出します。

違うのは何をしていても辛いということ。

 

一日中睡眠不足、なのに寝てはならないので辛い。  

何もできません。下手にダラダラしていては寝てしまうし動きすぎても気絶する。

適度に刺激を与えなければなりませんの。

何か考え事をすると全てがマイナス方向に行ってしまって辛い。

娯楽は虚しさだけが募ります。

映画見ようもんならこのほとんど動かない脳みそでは見逃している面白さが山程あるんだろうなぁ、とか思って虚しい。

本読んだらもちろん寝るしゲームやっても実力の1割も出せないし目が疲れる。将棋やってみたら飛車を速攻で差し出して投了。食べたって味が微妙にしない。

常に付き纏う脳の萎縮感もイヤ。

そして何より何にでもムカついてしまう異常な心理状態が辛い。Alexaの丁寧語にイラッときたのは本当に悲しくなりました。

 

格闘しながらもうっかり15時くらいに寝てしまう、を繰り返しようやく今日脱出に成功しそうです。あとは寝るだけ。

やっと再開です。

 

 

 

絶望した!ユニクロに性別否定されて絶望した!

国外に住んだ試しがないので人種差別を受ける辛さというものはわからないのですが、先日社会の枠組みから省かれるというのはこういうものかと思い知らされました。

 

山姥でも知ってる日本の大企業ユニクロ

かつてはユニクロ=ダサい、が当然の認識だったはずが気づけば、芋卒にも垢抜けにもとりあえずユニクロ、なんてくらいに大昇格しました。

つまるところ老若男女、服に興味ある人無い人皆ターゲットな訳です。だから、ターゲットが広いからゆとりのある作りになってると聞きました。そう聞きました!

 

その言説を信じて、試着する度なんかダボイなぁと思いながらも買っていたんです。だって着るもんないから。でも仕方無しに買ってるから気に入らずタンスの肥やし。

 

で先日もユニクロ言ってヒートテックなんちゃら履いてまたダボダボ、裾が余りまくるのは仕方ないとして。それでなんかジャストフィットしない事とかマスクに絡まるイヤホンとか声がキンキンする店員にイライラしてきてムシャクシャしてやったんです。後悔はしてません。

レディースコーナーへ目を見開く周りに心の中で(頼まれた奴取りに来ただけなんですと)言い訳しながら突撃し一通りジーパンを掴み試着室、履く。

どうせキッツキツでタイツみたいにモモパンッケツプリッするんだろうなと高を括ってたら

ジャストサイズ!

ジャストサイズ!

ジャストサイズ!

 

おかしい、

こちとら身長は平均ぴったり、体型と言えば古代大和から連綿と続く胴長短足の純日本人体型でやってきてるんよ!小回り効くよ!なのに、レディース?しかもLじゃなくてSよりのMでレディースでも小さい方ってどゆこと!?日本企業ってのは名ばかりで全部胴短脚長スラリ体型ターゲットか!?あぁ!?

 

胴長短足低身長男を見捨てたユニクロ、訴えるよ!

 

 

 

 

 

「子供好き」が気に入らない。

子供好き、とおっしゃる方を信用しません。 

近所のガキンチョに拳骨食らわすような肝っ玉かあちゃんが言うのなら分かるんですよ。いや、別に子供育てた経験ある無しに関わらず子供がどういうもんか、子供も人間だ、ということをわかってる人がそう言うならわかるんです。でも幼稚園を外から覗いてとかバカ親がインスタにあげた寝落ち寸前の子供見てかわいい!なんて騒いでる奴らはそうではないでしょ。

子供を愛玩動物と見なして可愛いって言ってるに過ぎない。産業革命から時が進んでいない。

 

あいつらの言う子供ってのは純粋無垢でふわふわしてて温かい今治タオルみたいな存在の事。お菓子って言ったら何でも喜んで牛乳で口ひげ作って膝擦りむいたら泣いちゃう生き物。

だから天才数学少年やちょっと大人ぶった子役がいると"可愛くない"と言いやがる。全てを可愛い可愛くないに収束させ自分たちが思う子供らしくてCawaii!を演じない子供を平気で省く。

ダンゴムシとワラジムシ只管分別してたりゾンビの脳みそぶちまける事でドーパミン溢れさせてたり格ゲーで女キャラにキン肉バスター掛けてあんな姿を楽しんだり鼻くそ瓶に溜めて達成感に浸ってたりする子供を省く。

 

そういう、側を除いたら気持ち悪いしか残らない子供を受け入れられないようなやつは二度と"子供好き"などとほざくな。